​皆さん、こんにちは。インターエデュという教育関係のWEBサイトがあるのですが、そのサイトの掲示板で文章題の課題に悩む小学1年生の保護者さまから、以下のような投稿がありました。

小学1年の女の子です。 

算数の文章問題がわかりません。 


最初は、国語の力がないのかと思ったのですが 国語の問題は、間違いも少ないのです。 

 

別の問題なのでしょうか? 

例えば、ケーキが8個あります。14人の子供に配るには何個足りませんか。 

という問題で、彼女は8から14を引こうとします。

 
私が、絵を書いてやると答えはわかるのですが (残っている数を数えればわかるので同然なのですが…) 式をそこから導きだせません。 

こういう子供は、どのように指導をしていけばいいでしょうか? 

算数文章題を解くには以下のステップがあります。

筑波大学の熊谷恵子先生は、子どもが算数文章題を解く際には以下のステップを踏むと定義しています。

​算数の文章題が苦手な子というのは、このステップのどこか、あるいはいくつかでつまづいているそうです。

本ワークシートは、算数文章題の

​イメージ化、立式、計算、フィードバックをサポートします。

そこで、今回算数文章題のイメージ化、立式、計算、フィードバックをサポートする算数ワークシートをご用意致しました。

特に今回のワークシートはイメージ化という所に焦点を当てています。

算数文章題を解くカギはイメージ化にあります

​ある文章題を2人の学童生に解いて貰いました。1人は問題を解くことが出来ました。もう1人は問題を解くことが出来ませんでした。この違いは何か?試しに、この文章の絵を描いてごらんと指示した所、問題を解けた学童生は絵を描くことが出来ました。一方、問題を解くことが出来なかった学童生は、絵を描くことが出来ませんでした。

​こういった事実を踏まえると、文章をイメージ化することが算数文章題を克服するポイントになるのではないでしょうか?

イメージ化ってどうやったら出来るようになるの?

​イメージ化のプロセスは以下の2つから構成されると考えます。

問題文からのイメージ化が弱い子ども達に、絵やイメージから問題文を考えるトレーニングとして、はじめに取り組んで貰います。

 

問題文のイメージ画像を見て、このイメージは、こういう問題文になるというところから取り組みます。

 

文章の書き方をパターン化して示しているので、お子さまたちは迷いなく問題文を書ける様になります。

​絵を見て文章を書くことが出来るようになれば、今度は文章を読んで絵を描く練習をしていきます。このように、文章題を克服するには、絵と文の対応関係をキッチリ理解することが必要となります。

​今回この算数文章題イメージワークシートを

無料でプレゼントします。

¥0

プレゼント配布期限

​7/17(月)17時まで

算数文章題イメージトレーニングワークシート

​入手方法

ワークシートをご希望の方は下記のフォームに記入して送信頂ければと思います。

算数文章題には、このドット柄の様な

あるパターンがあるのをご存知でしたか?

算数文章題には、実は一定のパターンがあります。全ての算数の問題は、

最初の様子を説明する文

変化した所を説明する文

たずねる文

この三部構成になっています。

実際に具体的な問題を使って解説致します。

鉛筆が38本あります。更に鉛筆を14​本友達から貰いました。全部で何本でしょう?

この文章も最初の様子を説明する文、変化した所を説明する文、たずねる文の三部構成になっています。

鉛筆が38本あります。

更に鉛筆を14本友達から貰いました。

全部で何本でしょう?

​全ての算数文章題は、この様に全て三部構成になっています。

​このパターンをしっかりと認識して問題に取り組むことが必要です。

算数文章題イメージワークシートって

具体的にどんな問題なの?

算数文章イメージワークシートの具体例を掲載します。

​最初は穴埋め形式で問題を作問していき、だんだん慣れてきたら自分で文章を書くようにステップを踏んでいきます。最初はテンプレートに数字を入れるだけなので、文章作成が苦手なお子さまも安心して取り組めます。

お子さまが算数文章題イメージワークシートを

​使って学ぶメリット

算数文章題の3つ基本構文(最初の様子を説明する文、変化を説明する文、たずねる文)を理解することが出来ます。

​テンプレートを使って簡単に文章を作成する力が身に付きます。

文章を読んでイメージする力が身に付きます。